引越しを気にアルバイトを探した

2014/03/01にこの情報は更新されました。

日々の生活費を得る為に

大学生になって親の力を借りずに一人暮らしを始めたが、生活費(家賃を含)稼がなければいけないので求人を探したが、求人誌だけではどんなお店か分からないが、「酒屋」と言う店を求人で見た中では何となく気に入ったので面接を受けたが、受ける時から本当に緊張していた。面接では店長がしてくれたのだが、最初から店長を初めとして先輩スタッフや同僚になるメンバーが暖かく迎え入れてくれました。面接の時からこんなにアットホームな酒屋が本当にあるのだと驚きました。求人の紙面では想像も出来ない位にアットホームな店でした。

 

求人で見つけた店はアットホームな店でした。

面接に合格して初出勤の日は、本当に緊張の連続で、何一つ仕事ができなくて終わりの時間になりました。不安でしょうがなくて、最後は目に涙を浮かべてしまいました。私は先輩や同僚は覆うようにしてキッチンに連れて行かれました。そこで、易しい言葉で教えて貰いました。一日で全て出来る様になるわけはないから、わからないことは直ぐに他の同僚や、先輩に聞けばいいから自分だけで解決しようと思わないことです。と言われました。

 

様々な不安がありましたが1ヶ月が経ち

全く分からないことだらけで始まった仕事ですが、1ヶ月が経ちようやくスムーズに仕事をさばける様になってきました。まだまだ先輩に教わる事は多いですが、「オススメ・メメニュー」の宣伝の「しかた等を自分なりにアレンジして販売する事が出来てきたことに喜んでいます。一番嬉しかったのは店長や、先輩スタッフ、同僚に『見違える位に良くなった』と言われた事でした。